読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッピィ Techlog

日々思うこと

【Programming】プログラマは最終防衛線

Programming

gigazine.net

という記事を読んで、思いました。

 

ソフトに問題が起きた時、10年前までは回収などもザラでした。

今は修正版配信などできますが、それでも費用はゼロではありません。

そのために、プログラマはあらゆる想定をして仕事に取り組む必要があります。

 

・仕様は大切だが、鵜呑みにはしない。

 人が作ったものなので、問題があると思って目を通す。

・自分で作ったプログラムも信用しない。

 バグとは入れようと思って入れるものではなく、無意識に入るものだから。

・製品のお客様に与える影響を考える。

 ソフトウェアで直接被害はほとんどないが、結果生死に関わる状況は確かにある。

 

以上、書き連ねてみました。

他にもチームの工数管理に影響が出たり、効率的な方法を模索したり、その影響は大きい職種です。

(最終的に遅れをフォローするのもたいていプログラマですしね…)

 

プログラマは影のディレクター、プロジェクトマネージャと思って、ふるまうように心がけていくべきでしょう。