マッピィ Techlog

日々思うこと

【News】中国と日本の技術の差を感じた

シリーズ 習近平の中国② 加速する“創新(イノベーション)”経済 - NHK クローズアップ現代+

たまたまクローズアップ現代を見ていました。

中国経済を取り上げていましたが、成長が鈍ったと言ってもやはりまだ勢いありますね。

その内容の一部に、新しい技術革新を扱っていました。

 

もはやシリコンバレーは古いようで、中国の深センに技術者が集まっているそうです。

ここでは会社が8000社ほど集まってしのぎを削っています。

その強みの一つは開発速度の速さ。

これは今の日本には欠けているものと思います。

教育?社会?など原因はありそうですが、未来が見えないのが、もうひと頑張りできない理由に一つなのではないでしょうか。

 

そのあとのゲーム市場も面白かったです。

今やアメリカを抜いて市場1位なんですね。

開発力も上がっているようで、クリエイター志望の方も増えているとか。

その中に素晴らしいゲームを作って動画にした楊冰氏が取り上げられていましたが、この動画だけでも差を感じますね。

 

発奮させられました。

また日々頑張っていこうと思います!

【News】「Wi-Fiを暗号化するWPA2に脆弱性発見」

Wi-Fiを暗号化するWPA2に脆弱性発見 ~対応のあらゆる機器が影響 - PC Watch

あらゆる端末が影響を受けるWi-Fiの脆弱性はパッチ対応可能 - PC Watch

という記事。

WPA2プロトコル脆弱性より、Wi-Fi通信から情報を盗られるようです。

ルータは影響を受けずに、クライアントが対象で、パッチで解消されるとのこと。

 

自衛に有効な手段としては、PC、携帯などにおいて、

Wi-FiをOFFにする(携帯網だけの通信にする)

・有線にする。

になります。

【Books】「小さな習慣」を読んで

以前読みたいと書いた以下の本を読みました。

小さな習慣

小さな習慣

 

内容自体はすごいシンプルです。

ざっくりいうと

・「腕立て1回」レベルの失敗しようのない目標を立て、実践する。

・気がつくと習慣になっている。

・目標は大きくしない。

 大きくするとなかなか始められなくなるし、一度始めると少し多くやったりしている。

という感じですかね。

 

実は私も3年くらい前から似たようなことをやってました。

その管理をアプリに任せていて、寝る前に確認するようにしています。

習慣+ - Google Play の Android アプリ

毎日少しずつでも読書が捗ったり、勉強したりといいことが多いのでオススメです。

【Apple】「理不尽なリジェクトを受けたiOSアプリが公開されるまでの経緯」を読んで

理不尽なリジェクトを受けたiOSアプリが公開されるまでの経緯 - Qiita

という記事を読みました。

勉強になります。

 

審査の方法は分かりませんが、申請ごとに担当者が変わるというのは話に聞きます。

例えばずっと前から組み込んだアセットをウンか月後の審査でリジェクトされたという話もあります。

 

新規タイトルでリジェクトが続くようなら、IDを変えて新規アプリとして再申請する方法は有効かな、と思います。

上手くいけば担当者が変わるかもしれません。

継続タイトルでは…がんばるしかなさそうですが。

 

幸いなことにリジェクト経験がありませんが、この手のリジェクトに発展すると、苦労しそうですね。

毎回神経をすり減らしています。

【Study】サバイバル術を学ぶ

世界の終わりが到来して文明が失われた時に生き残るサバイバル術で最も重要なこととは? - GIGAZINE

という記事を読んで。

文明が失われた時のサバイバル方法がまとめてあります。

大切なのは水、食べ物、隠れ家、火、衣服とのこと。衣食住ですね。

これを確保、維持するのが重要のようです。

 

実演としては、たまにディスカバリーチャンネルでやってるのが参考になるかと。

【Mathematics】プラトンの正多面体

正多面体は5種類しか存在しないことが知られています。

正多面体とは「全ての面が同一の正多角形で構成されている」ものです。

5種類というのは、正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体です。

 

なぜこの5種類しかないかというのは、計算で導けます。

正n角形の内角の和は180×(n-2)度になるので、

各頂点の内角は180×(n-2)÷n度になります。

その頂点にm個の正n角形が集まる時、その和は×m。そして360度を下回るはずなので、

180×(n-2)÷n×m<360

という式が成り立ちます。整理すると、

(n-2)×m<2n

(n-2)(m-2)<4

となり、このn, mを満たす正の数は5つしかない、というわけです。

【Mathematics】帰納と演繹

帰納は今ある情報から予想する推論方法

例:昨日は和食だった。今日も和食だった。→明日も和食だろう。

欠点:証明ではなく、推論にすぎない。

 

演繹は理論から予想する推論方法

例:人間は死ぬ。ソクラテスは人間だ。→ソクラテスは死ぬだろう。

欠点:自明な命題を用意しなければならない。