読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッピィ Techlog

日々思うこと

【Health】電車で立つということ

プログラマーは健康が資本として成り立ってると考えています。

昔と違って、35歳限界説などどこへやら。今はバリバリ活躍される方が多いです。

 

ところが、(環境が見直されつつありますが)過酷な労働に健康を害されるケースも少なくありません。

腰だったり、内臓だったり、時々は精神だったり。

つまり、健康維持については、長くプログラマーであり続けるため、ある種の「仕事」として受け取れます。

そんな考えを少しブログで語っていこうと思います。

 

まずは「電車で立つ」ということ。

私はそれなりに長い時間で職場に通勤しています。

どうしても座りたくなってしまうのですが、最近は立つようにしました。

きっかけは「昔に比べて体がだるく感じるようになった」からです。

 

低気圧では体がだるくなる、というのはよく聞きます。

原因は筋力が弱く、それをポンプとして血液が回らなくなるからだそうです。

なので、なるべく電車では立って、ながらトレーニングをするように心がけています。

 

始めてからしばらく経ちましたが、だるさは減ってきたかも。

お腹がやたら空くようになったので、食べる量が増えたのは悩むところです(笑)