マッピィ Techlog

日々思うこと

Books

【Books】【TOPPOINT】「論語のこころ」

2019年4月に届いた要約です。 論語は孔子と彼の高弟との話を後に記録したものです。 私は漢文の授業で読んだ、としか記憶していません。 ただ、中国の古典は学ぶところも多そうなので、興味がある分野ではあります。 要約の要約 ・孔子は人間を、物事がきち…

【Books】【TOPPOINT】「それをお金で買いますか」

2019年4月に届いた要約です。 「お金」というものはパワーワードの1つですね。テーマがどうであれ、まず目に入ってしまいます。 要約の要約です。 ・かつての市場に比べ、健康や教育、環境保護なども利用されるようになったことに対し警鐘を鳴らしている。 …

【Books】【Programming】Algorithms 4th Editionが無料pdfで読める

http://www.albertstam.com/Algorithms.pdf まだ読んではいないのですが、良書のようで、しかもKindle版が4,464円なのが無料です。 ただし、全文英語なので慣れない人は根気が必要だと思います。 (ページ数も969ページとかなりあります) レベルは中級以上…

【Books】【TOPPOINT】「コミュニケーションの教科書」

2019年3月のTOPPOINT要約です。 「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌に掲載された論文の中から10本まとめたもので、要約ではさらに3本に絞って紹介されています。 要約の要約です。 「嘘偽りのないスピーチの秘訣」 ・非言語コミュニケーションは言葉より…

【Books】「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」

購入してから半年くらいになります。 タイトルに従って1日1ページペースで読んでいて、習慣付いてきたのでレビューします。 まずざっくり内容を。 ・曜日ごとにジャンルが違います。歴史、文学、視覚芸術、科学、音楽、哲学、宗教。 ・これらを1日1ページ触…

【Books】【TOPPOINT】「FACTFULNES」

今めちゃくちゃ売れている本ですね。私が一番読んでみたい本です。 図書館の予約人数も数百人待ちなので、買ったほうがいいかな…。 というわけで、2019年3月のTOPPOINT要約を読みました。 要約の要約です。 ・世界の状況を勘違いする人が多い。その原因の説…

【Books】【TOPPOINT】「右脳思考」

2019年3月のTOPPOINT要約を読みました。 最初はあまりピンと来ませんでした。ただ、2回読んだら少し考えが変わってきたかもしれません。 総じてまだまだ理解できないところが多いのですが。 ざっと要約の要約。 ・仕事の成果をあげるには、論理的な左脳だけ…

【Books】【TOPPOINT】「西洋の自死 移民・アイデンティティ・イスラム」

という本の要約を読みました。 国会でも移民政策については議論されており、新しく在留資格を設ける…などニュースで目にすることも多いです。 著者は(欧州においてですが)そんな移民を受け入れることで文明が破滅する、と主張しています。 要因をざっくり…

【Books】【TOPPOINT】「ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来」

人口約130万人の小国エストニアは、電子政府を実現したそうです。 出生、死亡、保険加入、失業など行政手続の99%がオンラインで完結し、行政コストは世界3位。(52か国中。日本は52位…) できないことは「結婚」「離婚」「不動産売却」。 これは感情的に手続…

【Books】【TOPPOINT】プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

TOPPOINT 2019年3月より。 この本は有名ですが、自分は名前しか聞いたことありませんでした。 (Wikipediaでは、1998年に国際社会学会が選出した「20世紀の名著 トップ10」では第4位、とありました。すごい!) 関連する学部ではレポートとしてよくあるらし…

【Books】林修「受験必要論」

受験は必要か。 私も受験期は自分なりに工夫をして、努力をして乗り越えてきました。 それは今でも自信であり、誇りであり、今日の根底を作ってきたと思っています。 そのような理由から、私も受験は必要という立場でした。 しかし、近年「それは間違ってい…

【Books】【TOPPOINT】FEAR 恐怖の男

TOPPOINTの定期購読を開始しました。まずは1年。 定期購読のいいところは最新号のpdfがダウンロードできるところですね。電車の中でも気兼ねなく読めます。 今日読んだのは「FEAR 恐怖の男」(2019年2月号) 恐怖の男と聞いて誰を思い浮かべますか? ここで…

【Books】【TOPPOINT】フロー体験入門

TOPPOINT、気に入ってます。 申込用紙まで書きましたが、FAXで送付するのが億劫…。 さて、今回は「フロー体験入門」です。 フロー体験というのは、最近で言うところの「ゾーンに入る」ことと同義です。 私もプログラミングしてると似たようなことになります…

【Books】【TOPPOINT】「超」独学法

サンプルを取り寄せたので、読んでみました。2018年8月号。 まずは「in brief」で1ページでまとまっているのはいいですね。 そのまま引用するのはよくないので、要約を3行でまとめてみます。 (アウトプットの練習もかねて) ・独学の利点は自分の都合(苦手…

【Books】TOPPOINTで効率よく読書する

ふとTOPPOINTというサービスを知りました。 https://www.toppoint.jp/ ここでは、忙しいビジネスパーソン向けに良書を月に8冊程度、1冊4ページに要約したものを送付してくれるそうです。 また、さらに10000円支払うとライブラリ会員として、pdfでも…

【Books】ITの仕事をしている人にお薦めの9冊

ブログの更新が滞ってましたが、少しずつゆるく再開していこうと思います。 ITの仕事をしている人にお薦めの9冊 | 日経 xTECH(クロステック) という記事。 私も読書時間はなんとか確保していまして、その点では充実しています。 できれば苦手なジャンルに…

【Books】ストレングス・ファインダーをやってみた

世界的ベストセラーと言われる「ストレングス・ファインダー」を買ってきました。 自分の才能が分からない人も、30分程度のWebテストを受けることで、全34資質のうち、上位5つを特定してくれます。 自分も早速Webテストを受けました。 「内省」が一番でした…

【Books】「はじめてのフロントエンド開発」本

はてなブックマークでトップにありました。 React、Angular、Vue.js、React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発 作者: 原一浩,taisa,小松大輔,永井孝,池内孝啓,新井正貴,橋本安司,日野洋一郎 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2018/05/09 …

【Books】「独学プログラマー」という書籍

著名Pythonista清水川貴之氏が語る「独学プログラマー」が陥る落とし穴の回避法 - エンジニアtype | 転職@type 良いプログラマーになるための技術の習得よりも、その指針や全体像がテーマだそうです。 これはよさそうな書籍ですね…! >『目標を立てたら、…

【Books】自分を安売りしない、という記事

【書評】『自分を安売りするのは〝いますぐ″やめなさい。』 自分を「安売り」しない。自分の価値を高めていくために意識しておきたいこと | ライフハッカー[日本版] 「安売りしない」というより「自分の価値を高める」という意味みたいです。 書籍からの抜…

【Books】本の要約サイト flier(フライヤー)を試してみた

本の要約サイト flier(フライヤー) に無料登録してみました。 このサイトは、ビジネス書などの要約を読むことができます。 無料会員では、無料公開されている20冊を読むことができます。 月に2冊程度変更があるようです。 この20冊も有名な本が揃っているの…

【Books】「ITエンジニア本大賞2018」ベスト10が発表

ITエンジニアが投票した「ITエンジニア本大賞2018」ベスト10が発表。人工知能の教科書/アルゴリズム図鑑/退屈なことはPythonにやらせよう、などランクイン - Publickey トレンドを知るにはいい記事ですね。 技術書部門は機械学習関連が多いのが特徴的です…

【Books】『金田一37歳の事件簿』が発表で気になる!

「もう謎は解きたくないんだあああ〜!!」 金田一少年が20コ歳を取った正統な続編『金田一37歳の事件簿』が気になることだらけ - ねとらぼ 最近はセルフリメイクが流行っていますが、金田一少年も始まりましたね。 20年後の37歳ということで、美雪ちゃんとの…

【Programming】「C#実践開発手法」

ふと、周りでこの本が評判がいいので欲しくなりました。 でも5400円か…。 電子書籍でセールになった時に買うか。 C#実践開発手法 デザインパターンとSOLID原則によるアジャイルなコーディング 作者: ゲイリーマクリーンホール 出版社/メーカー: 日経BP社 発…

【Books】広辞苑 第七版発売!

『広辞苑 第七版』 - 岩波書店 10年振りに改定されました。 新しく1万語の追加もあるだけでなく、時代にあった変更などもあり、各分野の専門家が校閲しているとのこと。 これは家に一冊は置いておきたいです。 今回すごいのは、140ページも増えているのに…

【Books】ネット見られる「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」

ゲームクリエイターが知るべき97のこと というサイトがありました。 下記の書籍版を書き起こしたもののようです。 ゲームクリエイターが知るべき97のこと 作者: 吉岡直人 出版社/メーカー: オライリージャパン 発売日: 2012/11/05 メディア: 単行本(ソフト…

【Books】「小さな習慣」を読んで

以前読みたいと書いた以下の本を読みました。 小さな習慣 作者: スティーヴン・ガイズ,田口未和 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/04/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 内容自体はすごいシンプルです。 …

【Books】技術書にアニメネタはアリ?

技術書や学術書を読んでいると、たまにこういったケースが見られます。 例えばプログラミング書で配列名がキャラ名だったり、など。 それで内容自体が変わるわけではありませんが、分からないネタの場合はモヤモヤすることがあります。 なぜ、こういったネタ…

【Books】モチベーションを作るために読むべき本20選

個人事業主がガチで選んだ、モチベーションを作るために読むべき本20選|Career Supli これは面白い記事。 本を読まなくても、この記事を読めばある程度は理解できちゃいそうです。 歳を重ねるとなかなか自分を変えるのは難しくなります。 ですが、人生は長…

【Books】iPS細胞研究基金の意味

https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/fund/ 最近山中伸弥氏を取り扱った書籍をいくつか読みました。 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた (講談社+α文庫) 作者: 山中伸弥,緑慎也 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/05/20 メディア: 文庫 この…